英語教室のオンライン化でコストパフォーマンスアップ

  • 英語教室のオンライン化でコストパフォーマンスアップ

    • 英語教室に通いたい、できれば英会話ができるようになりたいという人は大変多く、今でもなんとか自分に合った方法を見つけて英会話学習を試みています。

      しかし、なかなか教室に通う勇気が出ない、挫折したらどうしよう、継続できるか心配などという声があります。
      実際に、英会話教室に通い始めたものの途中で辞めてしまったという人が多いようです。

      その原因の一つとして、学校や仕事との両立が上手くいかなかったことが挙げられます。時間のやりくりができず、予約した時間にレッスンを受けられなかったり、急な残業や予定が入って授業に参加できなかった場合があります。
      その場合、自己都合でのレッスン不参加になることでキャンセル料が発生し、レッスンを受けられないだけでなく教室への料金が発生することがあります。

      レッスンを受けていないのにお金を払わなければならないかもしれない、という「損をしてしまう」イメージが強く、英語教室を敬遠してしまうのです。以前は、英語教室ブームがあり、英会話を学習する人を応援するCМがたくさん放送されていました。会社の同僚がレッスンを開始すれば意識しますし、会社も従業員に高いスキルを求めるようになれば英会話講師を招いて従業員に受講させるようになります。


      自分も英会話ができるようにならなければという意識が高まり、多くの人がチャレンジした時期もありました。
      しかし、なかなかレッスンの予約が取れない状況が口コミで広まったり、その都度講師が変わることで相性の問題が発生したりと、目に見えなかったところで学習意欲がそがれてしまう人が続出しました。
      英語教室に通うのも、学校や仕事帰りに疲れた状態で勉強するのは思った以上に大変です。精神的にも肉体的にも、予想以上の負担があっては継続することも難しくなります。

      そこで、今ではレッスンそのものを考え直されています。

      まず、英語教室への通学の負担をなくすためにオンラインでのレッスンを開始しました。もちろん、教室に通ってのレッスンもできますが、時間の都合がつかない人や空き時間を使って英会話学習をしたい人にはオンラインでのレッスンの方が向いているのです。

      なるべく教室に通ってのレッスンと差が出ないように、テキストを充実させたり、ヒアリング力を高めるために専用のヘッドフォン使用をするなど工夫されています。

      英会話の講師にはネイティブな外国人が望ましいですが、教室が採用した講師ならば安心です。

      外国人なら誰でもよいというわけではありませんし、知らずに訛りが強い講師に教わったためにクセが抜けないというデメリットも回避できます。

      最近では、教室によってはオンラインと教室への通学学習と組み合わせて学習できるところもあり、インプット学習ではオンラインで、学習したことをアウトプットしたい時には教室で講師と直接会話で学習するなど、工夫している人もいます。

      オンライン学習では教室でのレッスンより大幅に授業料が安いこともあり、レッスンの回数を増やして短期間での英会話学習も可能になりました。

      コストパフォーマンスの点では格段に良くなったといってもよいでしょう。

















  • 関連リンク

    • 子供を塾に通わせたい理由はそれぞれですが、受験と補習の2つに大別できます。受験をするのであれば、学校の勉強だけでなく、さらに応用問題が解けるような学力が必要です。...

    • いじめや学校が楽しくないといった理由から不登校になる子供、上司や同僚とそりが合わない、仕事で大失敗したなどが原因で仕事を辞めてしまう大人、つまり子供も大人も誰もが引きこもりになる可能性を持っています。なぜ部屋から出てきてくれないのだろうと親や家族は心配しますが、そもそも引きこもりの根本的な原因はほとんどが人間関係の問題とされ、人と関わる事を避けるために引きこもってしまうのです。...